1. ホーム
  2. フットペダル

SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

新型コロナウイルス感染拡大に伴う弊社サービス対応について

SEOとは、検索結果でWebページをより多く露出させるための取り組みのことで「SEO対策」とも呼びます。
SEOの言葉自体は、"Search Engine Optimization"の頭文字をとった略語で直訳すると、「検索エンジン最適化」という意味です。

基本的にSEOでは、検索エンジンの仕組み(Googleアルゴリズム)を理解して、その仕組みに則ってユーザーファーストのWebページを提供することが重要となります。

またSEOは、企業ビジネスを成長さえるうえで有効な手段となります。
なぜかというと、インターネット利用者が増え続ける中、その中には少なからず自分のサービスや商品と関連性の深いユーザーが潜んでおり、そのターゲットとなるネット利用ユーザーをホームページに集客する手段としてSEOが最も有効な集客方法の1つだからです。

このSEOでサイト集客が成功すれば、そのサイトでコンバージョン(申込や問い合わせ)につなげることも可能となります。
結果として、売上向上につながるというわけです。

コンバージョンまで行くとWebマーケティングやコンテンツマーケティング視点になりますが、最初に重要となるのがホームページに集客することです。
そのためには、SEOが最良の手段となります。

では、実際にSEOにどのように取り組んだらよいか?初心者にもわかるように「SEOの基礎知識から実践方法まで」限りなくまとめてますので、ぜひ効果的なWeb集客の参考にしてください。

SEOの基礎知識を抑えよう

SEOでは、ユーザーの利便性を考慮した「ユーザーファーストのコンテンツ」を提供することがモットーです。
このようなコンテンツは検索エンジン、つまりGoogleのアルゴリズムによる評価によって、最終的にランク付け(検索エンジンにインデックス)されます。

また、適切にコンテンツが検索エンジンにインデックスされるために、Googleが定めるガイドライン(Googleウェブマスター向けガイドライン)に沿ったWebページを提供して、SEOを進める必要があります。
仮にこのガイドラインに違反することで、Googleペナルティを受けてサイト価値の低下を招き、検索順位の下落、最悪インデックス削除に繋がります。
近年、サイト運営で多いWordPressを使ったホームページでも同様のことが言えます。

なので、この基礎的な部分となるGoogleのサイト評価基準等を理解したうえでSEO対策に臨むことが、上位表示を目指すうえで重要となります。

SEOの実践方法について

SEOを実践するにあたって、あらかじめポイントを抑えておくことで効率的かつ効果的にサイトを最適化することができます。
ちなみに当ブログ「SEOラボ」を運営する弊社ディーボでは、十数年培ったSEOの経験によって必要なSEOポイントを抑えてるため、実際にあらゆるキーワードの検索上位化に成功しています。

その弊社のSEOのやり方やそのやり方をもとに上位化した事例、取り入れてるおすすめのSEO情報源など踏まえて、SEOの実践方法をまとめてわかりやすく紹介したいと思います。

  1. キーワードを選定して、テーマの軸となるSEOキーワード決めよう
  2. コンテンツSEOで検索クエリと関連する良質なコンテンツを増やそう
  3. SEO内部対策で検索エンジンに認識されやすいサイト構造にしよう
  4. SEO外部対策で被リンクの質を高めよう
  5. SEO解析して、サイト状況を把握しよう
  6. SEO情報にアンテナを張ろう
  7. SEO事例を参考に、効果的な対策を取り入れよう

キーワードを選定して、テーマの軸となるSEOキーワード決めよう

SEOキーワードとは、検索順位を上げるために重要なキーワードのことを指します。
なのでSEOでは、キーワードを軸としてWebページを作りこんでいくことが基本となります。

まずは軸となるSEOキーワードを選定するために、Webページのテーマを1つのキーワードに置き換えることが最初に重要です。(※検索ボリュームを考慮する場合は、キーワードプランナーを活用しましょう。)

コンテンツSEOで検索クエリと関連する良質なコンテンツを増やそう

コンテンツSEOでは、ページごとに検索クエリと関連性の高いWebページを提供するためのコンテンツ対策がベースとなります。

コンテンツ対策では、まず選定したキーワードで検索して表示される競合上位サイトからわかる検索意図を把握します。
そして、その検索意図を考慮したうえでタイトルやコンテンツ内容にそのキーワードや関連ワード(サジェストキーワード)、共起語などを設定しながら対策を進めていく必要があります。

この基礎を念頭に入れて、軸となる対策キーワードをコンテンツに落とし込み検索クエリと関連性の高い良質なWebページを提供することが、SEOにおいて重要となります。

結果としてこのような、良質なコンテンツを持つページ、そして良質なコンテンツが多いWebサイトはGoogleから評価されて上位化しやすくなります。

また、SEOライティングの知識やUXを考慮して新規コンテンツを作ったり、過去記事をリライトしてコンテンツを改善するなどして、良質なWebページを増やしながらコンテンツ対策を推し進めることが重要となります。
そうすることで、各ページの質が上がり、ドメインパワーが蓄えられるのでサイト自体が評価されるようになります。
結果的にサイト内のあらゆるキーワードの検索順位が上昇して、検索トラフィックが向上するため、Web集客の成功につながります。

このようなコンテンツ対策をベースとした一連のSEO手法が「コンテンツSEO」となり、これを進めるうえで、「ロングテールSEO」を念頭に置くことも重要となります。
ロングテールSEOは検索アクセス数を増大させるための手法なので、検索ボリュームのあるキーワードを中心に選定することがポイントとなるコンテンツSEOと隣り合わせのSEO手法です。

SEO内部対策で検索エンジンに認識されやすいサイト構造にしよう

SEOでは、WebページのもととなるHTMLファイルのソースコードなどサイトの中身を調整して、検索エンジンやユーザーに認識されやすいように内部構造を最適化することが基本となります。
これを「内部対策」と呼び、とくにタイトルタグや見出しタグなどのSEOに効果的なHTMLタグや内部リンクを中心に調整することが対策のポイントとなります。
また、インデックス最適化やクローラビリティを高める対策(クロール最適化)も内部対策の一貫となります。
このような対策を行って、Webページの価値を上げることが、上位化を目指す上で重要となります。

関連記事





【20年の蓄積が生んだ信頼と進化】
いかなるプレイスタイルにも対応する多彩な調整機能と、コントロールしやすくスムーズな踏み心地。
そして何より安心してプレイに集中できる信頼。それを実現できるのは20年以上にわたり愛され、日々進化を続けてきたIRON COBRAだけ。
更なるスムーズな動きと耐久性向上のために開発された機構や、プレイヤーの表現力を高める新ビーターなど、進化した新しいIRON COBRAを、是非その“足” でお確かめください。

● ペダルのアクションに影響を与えるカム(スプロケット)形状は2 種類をラインナップ。
カム自体の重量を従来モデルよりも約40%軽量化することで、よりスムーズで軽い踏み心地を実現します。
●スプリングの効果を最大化する新機構、Swivel Spring Tight を採用。
パワーのロスを最小限にすることで、ペダルのコントロールが容易になりました。
● 新型形状のフェルトビーター、Power-Strike Cobra Beater を装備。
重心バランスにこだわることでコントロールしやすく、芯のあるバスドラムサウンドが得られます。

●Swivel Spring Tight スイベル・スプリング・タイト
スプリングの効果を最大化するために考案された新機構。
スプリングの下端を固定する軸がペダルの動きに合わせて回転(スイベル)するため、激しい動きでもスプリングが歪むことなく常に垂直方向へ伸び縮みします。
これによりスプリングに蓄えられる弾性エネルギーをロスなくペダルを動かすエネルギーに変換。
さらに、スプリングとの連結部分に掛かる摩擦を軽減することで、踏み込みは軽く尚且つ戻りも速いという理想的なペダルワークを実現しました。


●Hinge Guard Block ヒンジ・ガード・ブロック
ヒンジシャフト両端のベアリングの固定方法を、従来のフットボード側面から貫通させる方式より、ベアリングを上下で挟むように保持する方式に変更。
ペダルを踏んだ時にベアリングに掛かる力を分散することで、ベアリングシャフト自体に掛かる負荷を軽減。
従来モデルよりも高い精度での回転を行うことが出来るようになり、かつてないスムーズな操作性を実現しました。


●OilesR Bearing Hinge オイレス・ベアリング・ヒンジ
フットボードの支点となるヒンジには、ベルブラス製のメッシュにテフロン樹脂をコーティ
ングした"OilesR"ベアリングを採用。不快なフットボードの横ブレをシャットアウトし、ス
ムーズなペダルワークを提供します。
LiteSprocket ライト・スプロケット
ペダルのアクションに大きな影響を与えるカム(スプロケット)は、従来よりも約40%
軽量化した新仕様を採用。カムの回転運動に必要な力を軽減させたことで、より軽い
踏み心地を実現しました。


●Minimizing Power Loss ミニマイジング・パワー・ロス
IRON COBRA ペダルでは、スムーズで安定した動きを実現するために、各駆動部にベ
アリングを搭載しています。 シャフト部の両端には、パソコンのハードディスクドラ
イブや自動車のABS 装置に採用されている超精密ベアリングを搭載し、スムーズで
安定したアクションを提供。 スプリングとシャフトの連結部分に備え付けられた高精
度ボール・ベアリングは、フットボードを踏み込む力をカムの回転エネルギーに無駄
なく変換し、スムーズなペダルワークを実現します。 さらに、ヒンジ部に採用された
“OilesR”ベアリングは、不快なフットボードの横ブレをシャットアウトします。


●Cobra Coil (US. PAT.NO.7408104) コブラ・コイル
フットボードを踏み込んだ後の”返り”をアシストすることで、軽やかな踏み心地を
実現するTAMA オリジナル機構、Cobra Coil (コブラコイル)。フットボードとアンダ
ープレートの間にセットされたこの機構は、ビーターがバスドラムヘッドをヒットす
る直前からフットボード裏側に触れる構造となっています。これにより踏み込みに影
響を及ぼすことなく”返り”をサポートし、軽やかなフットワークが可能となります。


●Power-Glide Rolling-Glide
Power Glide : 真円ホイールの上端のみを直線的にカットすることで、ヘッドを
ヒットする寸前にビーターヘッドのスピードが増すオリジナルアクション。
Rolling Glide : オーソドックスな真円ホイールを採用したナチュラルなアクショ
ンが特徴。コントロールしやすいレスポンスを持つ、オールマイティなモデルです。


●Speedo-Ring Quick-Hook
スピード・リング クイック・フック
スプリングとシャフトの連結部分に備え付けられた、高精度ボール・ベアリング。こ
のベアリングにより、フットボードを踏み込む力がスプリングに発生させる弾性エネ
ルギーをカムの回転エネルギーに無駄なく変換。さらにスプリングの動きに精緻に追
従するため、足の動きとフットボードの動きが連動するような滑らかさも実現します。
また、ベアリングとスプリングを連結するQuick-Hook は簡単に取り外せるため、ビ
ーターを抜かなくともペダルをコンパクトにケースに収納出来ます。


●Super Stabilizer Design スーパー・スタビライザー・デザイン
カムとビーターを駆動するシャフトを支える、いわばペダルの骨格とも言うべきフレ
ームの横幅を約15mm、ペダル全体を支えるアンダープレートの横幅を従来モデルよ
り約12mm 拡張。安定性を大幅に向上させたことで、激しいペダルワークでもブレる
ことなく、均一なアクションを得ることが出来ます。


●Para-Clamp II Pro (US. PAT.NO.6011208) パラクランプ II プロ
様々な厚みのバスドラムフープを確実にホールドする、TAMA オリジナルクランプが
バージョンアップ。バスドラムフープを固定する先端部にラバーを装着したことでグ
リップ力を高め、フープへのダメージを抑えつつ強い固定力を発揮します。また、先
端部が三次元で動く構造を採用しているため、バスドラムのフロント側を極端に浮か
せたセットアップでも、その角度に応じて先端がフィットしペダルを安定させます。
その上、固定する際に締めるT ボルトが、フットボードの脇から操作出来る構造です
ので、スローンに座ったままでもペダルの着脱が可能です。


●Power-Strike Cobra Beater
パワー・ストライク・コブラ・ビーター
ヘッドにヒットするフェルトの面積を従来より小さく且つ厚みを増した新設計のコブ
ラビーター。バスドラムの胴鳴りを高め、太い芯のあるサウンドを獲得すると共に、
フェルト面を平らにすることでアタックを強調しました。また、ビーターヘッドは角
度調整機能を継承しつつ、フェルト先端からエンド部分までの距離とシャフト位置の
バランスを見直すことで、コントロール性能を向上。小さなボリュームでも音色がぼ
やけない、芯のあるサウンドを実現することに成功しました。

【 即納可能!】【 あす楽 】表記の商品以外は基本的にお取り寄せになります。

メーカー在庫依存商品はお取り寄せでも翌日出荷が可能です。
(但:メーカー在庫品・平日メーカー受注時間内)
※商品状態をリアルタイムに反映できない場合がございます。
売り切れの際はご了承ください。


ドラム ペダル タマ ツインペダル アイアンコブラ ドラム ペダル タマ ツインペダル TAMA Ironcobra HP900PWN アイアンコブラ【専用ハードケース付】【送料無料】

SEO外部対策で被リンクの質を高めよう

SEOでは、被リンク(外部リンク)を獲得するための対策「外部対策」が重要となります。
なぜかというと、Googleがサイトの人気度を測る指標として被リンクを採用しており、検索ランキング決定要因のもっとも重要な要素となるためです。
主な外部対策としては、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアを活用した方法になります。
具体的には、作成したコンテンツをSNSで宣伝・拡散してより多くの人に認知させ、参照されやすくしながらナチュラルリンクを獲得して良質な被リンクの数を増やしていくことが重要となります。

また、このようにして集めた被リンクには質の低いものもあり、そのような低品質な被リンクによってサイトの価値が下がり順位下落につながる可能性があります。
なので、定期的リンクを見直したり、適宜リンク否認することも必要となります。

SEO解析して、サイト状況を把握しよう

SEO対策を進めるうえで、アクセス解析を行い検索順位の推移やサイトの欠点など把握しながら、必要な対策を見出す必要があります。
そのために、キーワードの検索順位が管理できるツールや、Googleのサーチコンソール、Googleアナリティクスなどを導入して、Webサイトがいつでも分析できる準備を整えておきましょう。

このようにWebサイトのパフォーマンスを管理して、効果的な対策を見出し推進してくことが、SEOにおいて重要となり、上位表示を目指すうえでのポイントとなります。

SEO情報にアンテナを張ろう

SEOでは、常に変化するGoogleアルゴリズムの動向に気をかけて、評価される要素を読み解くことが重要となります。
なので、Google公式の検索アルゴリズムアップデートの情報や順位変動情報、SEOに敏感なユーザーの見解などにアンテナを張っておき、最新のSEO情報を定期的に確認するようにしましょう。

そうすることで、現在のGoogle検索エンジン事情が把握できるので、評価されてるWebサイトの特徴などから今後のSEOの展望を見据えることができます。

SEO事例を参考に、効果的な対策を取り入れよう

これまでに紹介した「SEOの基礎知識から実践方法まで」を元に、弊社ディーボが管理するサイトで実際に仮説を立てて対策を行ったSEOの事例を定期的にご紹介してます。

どのようなサイトでどのように仮説を立てて、SEOを行ったか?なぜ上位化したのか?を中心に、実例をもとにSEOをわかりやすく解説してますので、ぜひ実践するうえで合わせてご参考ください。

関連記事