1. ホーム
  2. フットペダル

SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

新型コロナウイルス感染拡大に伴う弊社サービス対応について

運営情報運営情報詳細へ

当ブログ「SEOラボ」は、北海道札幌市にあるSEO対策専門の会社「株式会社ディーボ」が運営してます。
もう少し言うと、2005年の創設以来、十数年培った精度の高い独自のSEOノウハウ(実験による分析データ等)を盛り込んだ最新のSEO情報を公開してるブログが「SEOラボ」です。

SEO対策の無料ご提案へ

SEOとは、検索結果でWebページをより多く露出させるための取り組みのことで「SEO対策」とも呼びます。
SEOの言葉自体は、"Search Engine Optimization"の頭文字をとった略語で直訳すると、「検索エンジン最適化」という意味です。

基本的にSEOでは、検索エンジンの仕組み(Googleアルゴリズム)を理解して、その仕組みに則ってユーザーファーストのWebページを提供することが重要となります。

またSEOは、企業ビジネスを成長さえるうえで有効な手段となります。
なぜかというと、インターネット利用者が増え続ける中、その中には少なからず自分のサービスや商品と関連性の深いユーザーが潜んでおり、そのターゲットとなるネット利用ユーザーをホームページに集客する手段としてSEOが最も有効な集客方法の1つだからです。

このSEOでサイト集客が成功すれば、そのサイトでコンバージョン(申込や問い合わせ)につなげることも可能となります。
結果として、売上向上につながるというわけです。

コンバージョンまで行くとWebマーケティングやコンテンツマーケティング視点になりますが、最初に重要となるのがホームページに集客することです。
そのためには、SEOが最良の手段となります。

では、実際にSEOにどのように取り組んだらよいか?初心者にもわかるように「SEOの基礎知識から実践方法まで」限りなくまとめてますので、ぜひ効果的なWeb集客の参考にしてください。

SEOの基礎知識を抑えよう

SEOでは、ユーザーの利便性を考慮した「ユーザーファーストのコンテンツ」を提供することがモットーです。
このようなコンテンツは検索エンジン、つまりGoogleのアルゴリズムによる評価によって、最終的にランク付け(検索エンジンにインデックス)されます。

また、適切にコンテンツが検索エンジンにインデックスされるために、Googleが定めるガイドライン(Googleウェブマスター向けガイドライン)に沿ったWebページを提供して、SEOを進める必要があります。
仮にこのガイドラインに違反することで、Googleペナルティを受けてサイト価値の低下を招き、検索順位の下落、最悪インデックス削除に繋がります。
近年、サイト運営で多いWordPressを使ったホームページでも同様のことが言えます。

なので、この基礎的な部分となるGoogleのサイト評価基準等を理解したうえでSEO対策に臨むことが、上位表示を目指すうえで重要となります。

SEOの実践方法について

SEOを実践するにあたって、あらかじめポイントを抑えておくことで効率的かつ効果的にサイトを最適化することができます。
ちなみに当ブログ「SEOラボ」を運営する弊社ディーボでは、十数年培ったSEOの経験によって必要なSEOポイントを抑えてるため、実際にあらゆるキーワードの検索上位化に成功しています。

その弊社のSEOのやり方やそのやり方をもとに上位化した事例、取り入れてるおすすめのSEO情報源など踏まえて、SEOの実践方法をまとめてわかりやすく紹介したいと思います。

  1. キーワードを選定して、テーマの軸となるSEOキーワード決めよう
  2. コンテンツSEOで検索クエリと関連する良質なコンテンツを増やそう
  3. SEO内部対策で検索エンジンに認識されやすいサイト構造にしよう
  4. SEO外部対策で被リンクの質を高めよう
  5. SEO解析して、サイト状況を把握しよう
  6. SEO情報にアンテナを張ろう
  7. SEO事例を参考に、効果的な対策を取り入れよう

キーワードを選定して、テーマの軸となるSEOキーワード決めよう

SEOキーワードとは、検索順位を上げるために重要なキーワードのことを指します。
なのでSEOでは、キーワードを軸としてWebページを作りこんでいくことが基本となります。

まずは軸となるSEOキーワードを選定するために、Webページのテーマを1つのキーワードに置き換えることが最初に重要です。(※検索ボリュームを考慮する場合は、キーワードプランナーを活用しましょう。)

コンテンツSEOで検索クエリと関連する良質なコンテンツを増やそう

コンテンツSEOでは、ページごとに検索クエリと関連性の高いWebページを提供するためのコンテンツ対策がベースとなります。

コンテンツ対策では、まず選定したキーワードで検索して表示される競合上位サイトからわかる検索意図を把握します。
そして、その検索意図を考慮したうえでタイトルやコンテンツ内容にそのキーワードや関連ワード(サジェストキーワード)、共起語などを設定しながら対策を進めていく必要があります。

この基礎を念頭に入れて、軸となる対策キーワードをコンテンツに落とし込み検索クエリと関連性の高い良質なWebページを提供することが、SEOにおいて重要となります。

結果としてこのような、良質なコンテンツを持つページ、そして良質なコンテンツが多いWebサイトはGoogleから評価されて上位化しやすくなります。

また、SEOライティングの知識やUXを考慮して新規コンテンツを作ったり、過去記事をリライトしてコンテンツを改善するなどして、良質なWebページを増やしながらコンテンツ対策を推し進めることが重要となります。
そうすることで、各ページの質が上がり、ドメインパワーが蓄えられるのでサイト自体が評価されるようになります。
結果的にサイト内のあらゆるキーワードの検索順位が上昇して、検索トラフィックが向上するため、Web集客の成功につながります。

このようなコンテンツ対策をベースとした一連のSEO手法が「コンテンツSEO」となり、これを進めるうえで、「ロングテールSEO」を念頭に置くことも重要となります。
ロングテールSEOは検索アクセス数を増大させるための手法なので、検索ボリュームのあるキーワードを中心に選定することがポイントとなるコンテンツSEOと隣り合わせのSEO手法です。

SEO内部対策で検索エンジンに認識されやすいサイト構造にしよう

SEOでは、WebページのもととなるHTMLファイルのソースコードなどサイトの中身を調整して、検索エンジンやユーザーに認識されやすいように内部構造を最適化することが基本となります。
これを「内部対策」と呼び、とくにタイトルタグや見出しタグなどのSEOに効果的なHTMLタグや内部リンクを中心に調整することが対策のポイントとなります。
また、インデックス最適化やクローラビリティを高める対策(クロール最適化)も内部対策の一貫となります。
このような対策を行って、Webページの価値を上げることが、上位化を目指す上で重要となります。

関連記事






YAMAHA(ヤマハ) / DFP9Dの事ならフレンズにご相談ください。

YAMAHA(ヤマハ) / DFP9Dセット商品一覧

  • ダイレクト
  • チェーン
  • ツイン・ダイレクト
  • ツイン・チェーン

YAMAHA(ヤマハ) / DFP9Dの特長!
ヤマハのフラッグシップモデルシリーズ

YAMAHA(ヤマハ) / DFP9Dのココが凄い!
YAMAHAフラッグシップドラムペダルが登場!

ビーターとフットボードを独立してアングル調整が出来る事で、踏み心地を極限まで調整出来ます。
ヤマハのFPシリーズのペダルの踏み心地を全て網羅出来るポテンシャルを備えた最高峰モデルです。

YAMAHA(ヤマハ) / DFP9Dのメーカー説明

■クイックアジャスティング カム/リンク
ダブルチェーンドライブは、ペダルを踏み込むごとに均一にテンションがかかります。
カムをC1からC3に変更することで、踏み始めのアクションを軽くするセッティングが可能です。
ダイレクトドライブはペダル踏み込み始めが軽く、踏み込み後も打面までのストロークは一気に加速していきます。
カム/リンクをD1からD3にスライドすることで、初動のアクションに踏み応えを持たせるセッティングが可能です。
※カム/リンクの3段階スライド、また、スライドにて調整した効果を表すグラフと連動する為にあえて色をつけた写真にしておりますが、実際の製品は写真とは異なります。

■ダイレクトドライブ
「ダイレクトドライブ」はフットボードとビーターをダイレクトに連結、ドラマーのフットワークがビーターに瞬時に伝わりスピード・躍動感溢れるペダルワーク、繊細なコントロールを可能とします。
ダイレクトリンク部分は3段階スライドにて調整することができ、お好みのカムポジションを選択頂くことでプレイヤーの奏法に最適なペダルアクションを可能とします。

■新たに設計した高精度フレーム構造
高精度に加工された青いパーツを、ボールベアリング挿入部分パーツとして採用。
その青いパーツと平面加工処理が施されたフレームを組み合わせることで、ボールベアリングが内蔵された青色パーツが精度高く1列に配置されます。
精度良く1列に配置されることでボールベアリングのガタツキを防止、ロッカーシャフトの円滑な稼動を実現。
細部の精度を徹底追求し、ボールベアリングとロッカーシャフトのよりスムースな回転を可能としました。
様々な奏法のフットペダルワークに正確に反応し、ドラマーの演奏を強力にサポートします。

■高精度低ポジションヒール構造
ヒールポジションを低くする設計を採用。
ヒンジ部分には高精度にて加工されたカバー(青色のパーツ)を搭載することで、 フットボードの安定性を向上。
スムースなペダルワークを可能としました。

■オートロックスプリングテンション調整
スプリングテンション調整部の設計を変更。
上向きの仕様にて、ドラマーがスツールに座った状態から簡単にスプリング テンションを調整することが可能。
調整ノブは90度回転ごとにロックが掛かり、演奏中の緩みを防止します。
また調整部がスウィングして、より自然なスプリングの伸縮を実現します。

■オリジナルビーター/専用ウェイト
FP9オリジナルのビーターには、ビーター下部に専用のウェイトが取り付け可能。
同梱されているアルミ(3g)、ブラス(9g)の専用ウェイトを取り付けることでサウンドメイク、演奏の幅が広がります。

■ビーター/フットボード 独立アングル調整
フットボードとビーターのアングル調整部分を独立させた設計を採用、自由な角度でセッティング可能としました。
また、 アングル確認が可能なメモリーラインにより、お好みのセッティングを何時でも簡単に再現出来ます。

■ドライブ連結のボールベアリング
フットボード先端のドライブと連結する部分に、ボールベアリングを搭載。
更にスムースな演奏性を実現しました。

■ヒールスパイク
フットボードヒール部にスパイクを搭載。
演奏中のズレ防止と、更なる安定性・操作性の向上を実現しました。

■ボールベアリング搭載ユニバーサルジョイント
新しく設計されたユニバーサルジョイントは、稼動部分にボールベアリングを搭載。
円滑に回転するベアリングを搭載する ことでサブペダルのペダルアクション、操作性が劇的に進化しました。

■サブペダルアンカー
サブペダルは、フロント部分にスパイクを搭載。演奏中のズレ防止と、更なる安定性・操作性の向上を実現しました。

■キャリングケース
FP9全モデルには、専用のコンパクトセミハードケースが付属しています。

YAMAHA(ヤマハ) / DFP9Dの仕様

【ダブルフットペダル ダイレクトドライブモデル】
・クイックアジャスティングリンク
・新たに設計した高精度分割フレーム構造
・高精度低ポジションヒール構造
・オートロックスプリングテンション調整
・オリジナルビーター/専用ウェイト
・ビーター/フットボードアングル調整
・ドライブ連結のボールベアリング
・ヒールスパイク
・キャリングケース
・ボールベアリング搭載ユニバーサルジョイント
・サブペダルアンカー

ヤマハのフラッグシップモデルシリーズ YAMAHA(ヤマハ) / DFP9D [ダイレクトドライブモデル] ツイン ドラムペダル

SEO外部対策で被リンクの質を高めよう

SEOでは、被リンク(外部リンク)を獲得するための対策「外部対策」が重要となります。
なぜかというと、Googleがサイトの人気度を測る指標として被リンクを採用しており、検索ランキング決定要因のもっとも重要な要素となるためです。
主な外部対策としては、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアを活用した方法になります。
具体的には、作成したコンテンツをSNSで宣伝・拡散してより多くの人に認知させ、参照されやすくしながらナチュラルリンクを獲得して良質な被リンクの数を増やしていくことが重要となります。

また、このようにして集めた被リンクには質の低いものもあり、そのような低品質な被リンクによってサイトの価値が下がり順位下落につながる可能性があります。
なので、定期的リンクを見直したり、適宜リンク否認することも必要となります。

SEO解析して、サイト状況を把握しよう

SEO対策を進めるうえで、アクセス解析を行い検索順位の推移やサイトの欠点など把握しながら、必要な対策を見出す必要があります。
そのために、キーワードの検索順位が管理できるツールや、Googleのサーチコンソール、Googleアナリティクスなどを導入して、Webサイトがいつでも分析できる準備を整えておきましょう。

このようにWebサイトのパフォーマンスを管理して、効果的な対策を見出し推進してくことが、SEOにおいて重要となり、上位表示を目指すうえでのポイントとなります。

SEO情報にアンテナを張ろう

SEOでは、常に変化するGoogleアルゴリズムの動向に気をかけて、評価される要素を読み解くことが重要となります。
なので、Google公式の検索アルゴリズムアップデートの情報や順位変動情報、SEOに敏感なユーザーの見解などにアンテナを張っておき、最新のSEO情報を定期的に確認するようにしましょう。

そうすることで、現在のGoogle検索エンジン事情が把握できるので、評価されてるWebサイトの特徴などから今後のSEOの展望を見据えることができます。

SEO事例を参考に、効果的な対策を取り入れよう

これまでに紹介した「SEOの基礎知識から実践方法まで」を元に、弊社ディーボが管理するサイトで実際に仮説を立てて対策を行ったSEOの事例を定期的にご紹介してます。

どのようなサイトでどのように仮説を立てて、SEOを行ったか?なぜ上位化したのか?を中心に、実例をもとにSEOをわかりやすく解説してますので、ぜひ実践するうえで合わせてご参考ください。

関連記事
© 2005-2020 Devo inc.