1. ホーム
  2. 電子ドラム

SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

新型コロナウイルス感染拡大に伴う弊社サービス対応について

運営情報運営情報詳細へ

当ブログ「SEOラボ」は、北海道札幌市にあるSEO対策専門の会社「株式会社ディーボ」が運営してます。
もう少し言うと、2005年の創設以来、十数年培った精度の高い独自のSEOノウハウ(実験による分析データ等)を盛り込んだ最新のSEO情報を公開してるブログが「SEOラボ」です。

SEO対策の無料ご提案へ

SEOとは、検索結果でWebページをより多く露出させるための取り組みのことで「SEO対策」とも呼びます。
SEOの言葉自体は、"Search Engine Optimization"の頭文字をとった略語で直訳すると、「検索エンジン最適化」という意味です。

基本的にSEOでは、検索エンジンの仕組み(Googleアルゴリズム)を理解して、その仕組みに則ってユーザーファーストのWebページを提供することが重要となります。

またSEOは、企業ビジネスを成長さえるうえで有効な手段となります。
なぜかというと、インターネット利用者が増え続ける中、その中には少なからず自分のサービスや商品と関連性の深いユーザーが潜んでおり、そのターゲットとなるネット利用ユーザーをホームページに集客する手段としてSEOが最も有効な集客方法の1つだからです。

このSEOでサイト集客が成功すれば、そのサイトでコンバージョン(申込や問い合わせ)につなげることも可能となります。
結果として、売上向上につながるというわけです。

コンバージョンまで行くとWebマーケティングやコンテンツマーケティング視点になりますが、最初に重要となるのがホームページに集客することです。
そのためには、SEOが最良の手段となります。

では、実際にSEOにどのように取り組んだらよいか?初心者にもわかるように「SEOの基礎知識から実践方法まで」限りなくまとめてますので、ぜひ効果的なWeb集客の参考にしてください。

SEOの基礎知識を抑えよう

SEOでは、ユーザーの利便性を考慮した「ユーザーファーストのコンテンツ」を提供することがモットーです。
このようなコンテンツは検索エンジン、つまりGoogleのアルゴリズムによる評価によって、最終的にランク付け(検索エンジンにインデックス)されます。

また、適切にコンテンツが検索エンジンにインデックスされるために、Googleが定めるガイドライン(Googleウェブマスター向けガイドライン)に沿ったWebページを提供して、SEOを進める必要があります。
仮にこのガイドラインに違反することで、Googleペナルティを受けてサイト価値の低下を招き、検索順位の下落、最悪インデックス削除に繋がります。
近年、サイト運営で多いWordPressを使ったホームページでも同様のことが言えます。

なので、この基礎的な部分となるGoogleのサイト評価基準等を理解したうえでSEO対策に臨むことが、上位表示を目指すうえで重要となります。

SEOの実践方法について

SEOを実践するにあたって、あらかじめポイントを抑えておくことで効率的かつ効果的にサイトを最適化することができます。
ちなみに当ブログ「SEOラボ」を運営する弊社ディーボでは、十数年培ったSEOの経験によって必要なSEOポイントを抑えてるため、実際にあらゆるキーワードの検索上位化に成功しています。

その弊社のSEOのやり方やそのやり方をもとに上位化した事例、取り入れてるおすすめのSEO情報源など踏まえて、SEOの実践方法をまとめてわかりやすく紹介したいと思います。

  1. キーワードを選定して、テーマの軸となるSEOキーワード決めよう
  2. コンテンツSEOで検索クエリと関連する良質なコンテンツを増やそう
  3. SEO内部対策で検索エンジンに認識されやすいサイト構造にしよう
  4. SEO外部対策で被リンクの質を高めよう
  5. SEO解析して、サイト状況を把握しよう
  6. SEO情報にアンテナを張ろう
  7. SEO事例を参考に、効果的な対策を取り入れよう

キーワードを選定して、テーマの軸となるSEOキーワード決めよう

SEOキーワードとは、検索順位を上げるために重要なキーワードのことを指します。
なのでSEOでは、キーワードを軸としてWebページを作りこんでいくことが基本となります。

まずは軸となるSEOキーワードを選定するために、Webページのテーマを1つのキーワードに置き換えることが最初に重要です。(※検索ボリュームを考慮する場合は、キーワードプランナーを活用しましょう。)

コンテンツSEOで検索クエリと関連する良質なコンテンツを増やそう

コンテンツSEOでは、ページごとに検索クエリと関連性の高いWebページを提供するためのコンテンツ対策がベースとなります。

コンテンツ対策では、まず選定したキーワードで検索して表示される競合上位サイトからわかる検索意図を把握します。
そして、その検索意図を考慮したうえでタイトルやコンテンツ内容にそのキーワードや関連ワード(サジェストキーワード)、共起語などを設定しながら対策を進めていく必要があります。

この基礎を念頭に入れて、軸となる対策キーワードをコンテンツに落とし込み検索クエリと関連性の高い良質なWebページを提供することが、SEOにおいて重要となります。

結果としてこのような、良質なコンテンツを持つページ、そして良質なコンテンツが多いWebサイトはGoogleから評価されて上位化しやすくなります。

また、SEOライティングの知識やUXを考慮して新規コンテンツを作ったり、過去記事をリライトしてコンテンツを改善するなどして、良質なWebページを増やしながらコンテンツ対策を推し進めることが重要となります。
そうすることで、各ページの質が上がり、ドメインパワーが蓄えられるのでサイト自体が評価されるようになります。
結果的にサイト内のあらゆるキーワードの検索順位が上昇して、検索トラフィックが向上するため、Web集客の成功につながります。

このようなコンテンツ対策をベースとした一連のSEO手法が「コンテンツSEO」となり、これを進めるうえで、「ロングテールSEO」を念頭に置くことも重要となります。
ロングテールSEOは検索アクセス数を増大させるための手法なので、検索ボリュームのあるキーワードを中心に選定することがポイントとなるコンテンツSEOと隣り合わせのSEO手法です。

SEO内部対策で検索エンジンに認識されやすいサイト構造にしよう

SEOでは、WebページのもととなるHTMLファイルのソースコードなどサイトの中身を調整して、検索エンジンやユーザーに認識されやすいように内部構造を最適化することが基本となります。
これを「内部対策」と呼び、とくにタイトルタグや見出しタグなどのSEOに効果的なHTMLタグや内部リンクを中心に調整することが対策のポイントとなります。
また、インデックス最適化やクローラビリティを高める対策(クロール最適化)も内部対策の一貫となります。
このような対策を行って、Webページの価値を上げることが、上位化を目指す上で重要となります。

関連記事









すぐ叩ける!即ドラマー!

ドラム初心者の方にもオススメ
Roland V-DRUMS TD-17KVX-S
大好評メガバリュー豪華9点セット!!


★ここまで揃えば安心のセット内容★

●Roland TD-17KVX-S(本体)
●ドラムマット
●シングルペダル
●ハイハットスタンド
●ドラムスローン(イス)
●スティック
●スティックケース
●ヘッドホン
●教則DVD

さらにセット品のバージョンアップも可能です!!
・プラス税込\8,640にてイス、ペダルをRoland製ドラムスローン、シングルペダル(DAP-3X)に変更可能です!
・プラス税込\6,480にてドラムマットをRoland製ドラムマットTDM-10に変更可能です!


アコースティック・ドラムに迫る演奏感とBluetooth機能で、楽しみながらスキル・アップできるV-Drums の新しいスタンダード・モデル。

ドラマーにとって、自宅での練習環境はとても大切。TD-17 シリーズは、ドラムとしての演奏性と表現力を磨き上げながら、効果的な練習をバックアップするさまざまなツールをそなえた、クオリティの高い自宅練習をかなえる
V-Drums の新しいスタンダード・モデルです。

V-Drums のフラッグシップ音源 TD-50 のサウンド・エンジンを継承したTD-17 を中心に、新開発のスネア用パッド PDX-12とキック・パッド KD-10、V ハイハット VH-10*2 で、アコースティック・ドラムさながらの演奏感と表現力を実現。

スティックやキック・ワーク、ハイハットのコントロールなど、ステージやスタジオでアコースティック・ドラムを演奏する際に必要なスキルを身につけることができます。
また、コーチ・モードやBluetooth機能など、日々の練習のモチベーションを上げるサポート・ツールも充実しています。


■アコースティック・ドラムの演奏に必要なスキルを身につけられる高い演奏性と表現力、コスト・パフォーマンスを両立した、自宅練習に最適なV-Drums のスタンダード・モデル。
■V-Drums のフラッグシップ音源 TD-50 のサウンド・エンジンを継承し、クラスを超えた表現力をそなえたTD-17 を採用。
■演奏スキルの着実なステップ・アップをサポートするコーチ・モードを搭載。
■さまざまなジャンルにマッチする50 種類のドラム・キットや、アンビエンスなどのエフェクト、ユーザー・サンプル機能など、自分好みのサウンド・メイクが可能な機能を搭載。
■パソコンとUSB ケーブル1 本で接続、ドラム練習用アプリケーション「Melodics for V-Drums」の活用やDAW の入力が可能。
■自然な演奏感と、ラバー製カバーとスチール製フレームで静粛性を高めた新開発のKD-10 を採用。
■2 枚のクラッシュ・シンバル(CY-12C)と1 枚のライド・シンバル(CY-13R)で、本格的なドラム・セット構成。
■軽量・薄型のフレームでハイハットの自然な揺れやスムーズなオープン/ クローズを実現する、新開発のトップ / ボトム一体型のVH-10 を採用。
■スネアにはアコースティック・スネアに近いサイズ感の2 プライ・メッシュ・ヘッド /
■インチ・サイズのPDX-12 を採用。
■スマートフォンなどのモバイル機器をBluetooth で無線接続し、TD-17 からオーディオ再生が可能。



【TD-17KVX-Sキット構成】
Drum Sound Module TD-17 × 1
Dual Trigger Pad PDX-12 × 1
V-Pad PDX-8 × 3
V-Hi-Hat VH-10 × 1
V-Cymbal Crash CY-12C × 2
V-Cymbal Ride CY-13R × 1
Kick Pad KD-10 × 1
Drum Stand MDS-COM × 1

※キック・ペダル、ハイハット・スタンド、スローンはキットに含まれません。


・キット構成:ドラム・サウンド・モジュール= TD-17 × 1、スネア= PDX-12 × 1、タム=PDX-8 × 3、ハイハット= VH-10 × 1、クラッシュ= CY-12C × 2、ライド=CY-13R × 1、キック= KD-10 × 1、ドラム・スタンド= MDS-COM × 1
・拡張用トリガー・インプット・ジャック:2(AUX、クラッシュ2)*
・外形寸法(必要占有面積):1,300(幅)× 1,100(奥行)× 1,200(高さ)mm(音源、キック・パッド、キック・ペダル、シンバル、ハイハット・スタンド、椅子を含む)
・質量:24.8kg
・付属品:専用マウント、AC アダプター、専用接続ケーブル、接続ケーブル(2 枚目のクラッシュCY-12C 用)、ドラム・キー、ノブ・ボルト(PDX-12 用)、防振プレート(VH-10
用)、ロック付きタイ(VH-10 用)、セットアップ・ガイド、取扱説明書、保証書、ローランド ユーザー登録カード
・別売品:シンバル・マウント(MDY シリーズ)、パッド・マウント(MDH シリーズ)、パーソナル・ドラム・モニター(PM シリーズ)、V ドラム・アクセサリー・パッケー
ジ(DAP-3X)、V ドラム・マット(TDM シリーズ)、ノイズ・イーター(NE-100、NE-10、NE-1 (TD-17KVX-S ハイハット・スタンド用))

※ハイハット・スタンド(TD-17KVX-S)、キック・ペダル、SD カードは製品に含まれません。
* TD-17KVX-S では、クラッシュ2 端子は2 枚目のクラッシュCY-12C の接続に使用します。

【 即納可能!】【 あす楽 】表記の商品以外は基本的にお取り寄せになります。

メーカー在庫依存商品はお取り寄せでも翌日出荷が可能です。
(但:メーカー在庫品・平日メーカー受注時間内)
※商品状態をリアルタイムに反映できない場合がございます。
売り切れの際はご了承ください。


ドラム練習、上達におすすめ アコースティックドラムさながらの演奏感。フラッグシップ音源TD-50のサウンドエンジンを継承しリアルなサウンドを再現した電子ドラム。 電子ドラム ローランドRoland TD-17KVX-S メガバリューセットSingle【送料無料】

SEO外部対策で被リンクの質を高めよう

SEOでは、被リンク(外部リンク)を獲得するための対策「外部対策」が重要となります。
なぜかというと、Googleがサイトの人気度を測る指標として被リンクを採用しており、検索ランキング決定要因のもっとも重要な要素となるためです。
主な外部対策としては、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアを活用した方法になります。
具体的には、作成したコンテンツをSNSで宣伝・拡散してより多くの人に認知させ、参照されやすくしながらナチュラルリンクを獲得して良質な被リンクの数を増やしていくことが重要となります。

また、このようにして集めた被リンクには質の低いものもあり、そのような低品質な被リンクによってサイトの価値が下がり順位下落につながる可能性があります。
なので、定期的リンクを見直したり、適宜リンク否認することも必要となります。

SEO解析して、サイト状況を把握しよう

SEO対策を進めるうえで、アクセス解析を行い検索順位の推移やサイトの欠点など把握しながら、必要な対策を見出す必要があります。
そのために、キーワードの検索順位が管理できるツールや、Googleのサーチコンソール、Googleアナリティクスなどを導入して、Webサイトがいつでも分析できる準備を整えておきましょう。

このようにWebサイトのパフォーマンスを管理して、効果的な対策を見出し推進してくことが、SEOにおいて重要となり、上位表示を目指すうえでのポイントとなります。

SEO情報にアンテナを張ろう

SEOでは、常に変化するGoogleアルゴリズムの動向に気をかけて、評価される要素を読み解くことが重要となります。
なので、Google公式の検索アルゴリズムアップデートの情報や順位変動情報、SEOに敏感なユーザーの見解などにアンテナを張っておき、最新のSEO情報を定期的に確認するようにしましょう。

そうすることで、現在のGoogle検索エンジン事情が把握できるので、評価されてるWebサイトの特徴などから今後のSEOの展望を見据えることができます。

SEO事例を参考に、効果的な対策を取り入れよう

これまでに紹介した「SEOの基礎知識から実践方法まで」を元に、弊社ディーボが管理するサイトで実際に仮説を立てて対策を行ったSEOの事例を定期的にご紹介してます。

どのようなサイトでどのように仮説を立てて、SEOを行ったか?なぜ上位化したのか?を中心に、実例をもとにSEOをわかりやすく解説してますので、ぜひ実践するうえで合わせてご参考ください。

関連記事
SEO対策無料ご提案はこちら