1. ホーム
  2. アクセサリー・パーツ
  3. ギター用アクセサリー・パーツ
  4. エフェクター

SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

新型コロナウイルス感染拡大に伴う弊社サービス対応について

SEOとは、検索結果でWebページをより多く露出させるための取り組みのことで「SEO対策」とも呼びます。
SEOの言葉自体は、"Search Engine Optimization"の頭文字をとった略語で直訳すると、「検索エンジン最適化」という意味です。

基本的にSEOでは、検索エンジンの仕組み(Googleアルゴリズム)を理解して、その仕組みに則ってユーザーファーストのWebページを提供することが重要となります。

またSEOは、企業ビジネスを成長さえるうえで有効な手段となります。
なぜかというと、インターネット利用者が増え続ける中、その中には少なからず自分のサービスや商品と関連性の深いユーザーが潜んでおり、そのターゲットとなるネット利用ユーザーをホームページに集客する手段としてSEOが最も有効な集客方法の1つだからです。

このSEOでサイト集客が成功すれば、そのサイトでコンバージョン(申込や問い合わせ)につなげることも可能となります。
結果として、売上向上につながるというわけです。

コンバージョンまで行くとWebマーケティングやコンテンツマーケティング視点になりますが、最初に重要となるのがホームページに集客することです。
そのためには、SEOが最良の手段となります。

では、実際にSEOにどのように取り組んだらよいか?初心者にもわかるように「SEOの基礎知識から実践方法まで」限りなくまとめてますので、ぜひ効果的なWeb集客の参考にしてください。

SEOの基礎知識を抑えよう

SEOでは、ユーザーの利便性を考慮した「ユーザーファーストのコンテンツ」を提供することがモットーです。
このようなコンテンツは検索エンジン、つまりGoogleのアルゴリズムによる評価によって、最終的にランク付け(検索エンジンにインデックス)されます。

また、適切にコンテンツが検索エンジンにインデックスされるために、Googleが定めるガイドライン(Googleウェブマスター向けガイドライン)に沿ったWebページを提供して、SEOを進める必要があります。
仮にこのガイドラインに違反することで、Googleペナルティを受けてサイト価値の低下を招き、検索順位の下落、最悪インデックス削除に繋がります。
近年、サイト運営で多いWordPressを使ったホームページでも同様のことが言えます。

なので、この基礎的な部分となるGoogleのサイト評価基準等を理解したうえでSEO対策に臨むことが、上位表示を目指すうえで重要となります。

SEOの実践方法について

SEOを実践するにあたって、あらかじめポイントを抑えておくことで効率的かつ効果的にサイトを最適化することができます。
ちなみに当ブログ「SEOラボ」を運営する弊社ディーボでは、十数年培ったSEOの経験によって必要なSEOポイントを抑えてるため、実際にあらゆるキーワードの検索上位化に成功しています。

その弊社のSEOのやり方やそのやり方をもとに上位化した事例、取り入れてるおすすめのSEO情報源など踏まえて、SEOの実践方法をまとめてわかりやすく紹介したいと思います。

  1. キーワードを選定して、テーマの軸となるSEOキーワード決めよう
  2. コンテンツSEOで検索クエリと関連する良質なコンテンツを増やそう
  3. SEO内部対策で検索エンジンに認識されやすいサイト構造にしよう
  4. SEO外部対策で被リンクの質を高めよう
  5. SEO解析して、サイト状況を把握しよう
  6. SEO情報にアンテナを張ろう
  7. SEO事例を参考に、効果的な対策を取り入れよう

キーワードを選定して、テーマの軸となるSEOキーワード決めよう

SEOキーワードとは、検索順位を上げるために重要なキーワードのことを指します。
なのでSEOでは、キーワードを軸としてWebページを作りこんでいくことが基本となります。

まずは軸となるSEOキーワードを選定するために、Webページのテーマを1つのキーワードに置き換えることが最初に重要です。(※検索ボリュームを考慮する場合は、キーワードプランナーを活用しましょう。)

コンテンツSEOで検索クエリと関連する良質なコンテンツを増やそう

コンテンツSEOでは、ページごとに検索クエリと関連性の高いWebページを提供するためのコンテンツ対策がベースとなります。

コンテンツ対策では、まず選定したキーワードで検索して表示される競合上位サイトからわかる検索意図を把握します。
そして、その検索意図を考慮したうえでタイトルやコンテンツ内容にそのキーワードや関連ワード(サジェストキーワード)、共起語などを設定しながら対策を進めていく必要があります。

この基礎を念頭に入れて、軸となる対策キーワードをコンテンツに落とし込み検索クエリと関連性の高い良質なWebページを提供することが、SEOにおいて重要となります。

結果としてこのような、良質なコンテンツを持つページ、そして良質なコンテンツが多いWebサイトはGoogleから評価されて上位化しやすくなります。

また、SEOライティングの知識やUXを考慮して新規コンテンツを作ったり、過去記事をリライトしてコンテンツを改善するなどして、良質なWebページを増やしながらコンテンツ対策を推し進めることが重要となります。
そうすることで、各ページの質が上がり、ドメインパワーが蓄えられるのでサイト自体が評価されるようになります。
結果的にサイト内のあらゆるキーワードの検索順位が上昇して、検索トラフィックが向上するため、Web集客の成功につながります。

このようなコンテンツ対策をベースとした一連のSEO手法が「コンテンツSEO」となり、これを進めるうえで、「ロングテールSEO」を念頭に置くことも重要となります。
ロングテールSEOは検索アクセス数を増大させるための手法なので、検索ボリュームのあるキーワードを中心に選定することがポイントとなるコンテンツSEOと隣り合わせのSEO手法です。

SEO内部対策で検索エンジンに認識されやすいサイト構造にしよう

SEOでは、WebページのもととなるHTMLファイルのソースコードなどサイトの中身を調整して、検索エンジンやユーザーに認識されやすいように内部構造を最適化することが基本となります。
これを「内部対策」と呼び、とくにタイトルタグや見出しタグなどのSEOに効果的なHTMLタグや内部リンクを中心に調整することが対策のポイントとなります。
また、インデックス最適化やクローラビリティを高める対策(クロール最適化)も内部対策の一貫となります。
このような対策を行って、Webページの価値を上げることが、上位化を目指す上で重要となります。

関連記事




Fractal Audio Systems FCシリーズは、Axe-Fx IIIのポテンシャルを最大限に引き出すべく、アーティストのあらゆる要求に応じたコントロールを可能にした専用フットコントローラーです。

プリセットやシーン切替、エフェクトのダイレクトON / OFF、ルーパーコントロール等、Axe-Fx IIIの多彩な機能に完全対応しただけでなく、たとえばプリセット切替1つをとっても “ナンバー指定”、”バンク内のナンバー指定”、”2つのプリセットを交互に切替”、”プリセットのアップダウン”と様々な切替方法を用意しました。 また、全てのスイッチにタップ(短押し)とホールド(長押し)の2つの機能を設定できます。

他にも、外部スイッチに本体のスイッチと同様の機能をアサインする “Stand-in-Switch” 機能等、まさにステージ・レコーディングを問わずに湧き出てくるアーティストのリクエストにフレキシブルに対応します。


自由にデザインできる “レイアウト”と、外部スイッチによる機能拡張
Axe- Fx IIIと接続して即使用できるよう、あらかじめ各スイッチに機能を設定した “レイアウト” が初期状態で8タイプ用意されています。各レイアウトではLEDリングが機能と状態を表し(点灯 / 半点灯 / 消灯)、ミニディスプレイでエフェクト名やプリセット名などのテキストを表示します。

また、各フットスイッチの機能は瞬時に変更できます。変更したいスイッチを押してAxe側で操作することで、タップ / ホールドそれぞれに機能を割り当てたりミニディスプレイのテキストを変更するなど、自由にカスタマイズが可能です。また個々のフットスイッチの機能はプリセットごとに設定できます。

加えてエクスプレッションペダル用の4つのジャックと、最大4つの外部スイッチを接続できる2つのジャックが装備されてます。エクスプレッションペダルとスイッチの併用により、選択可能なプリセットやシーンの追加、モディファイアーをはじめとした様々な機能のコントロールを可能にしました。


FASLINK IIシステム
MIDIよりも速くイーサネットよりも耐久性の高いFASLINKフォーマットにより、一本のXLRケーブルのみでFCとAxe-Fx III間の双方向通信を実現します。

更にFASLINK thruポートを使用することで、最大四台までのデイジーチェーン接続* を可能とし、一台目のFCには電源も供給します。これにより一台目のFCはプリセットの変更、二台目のFCはシーンの変更、というように任意の機能を自由に追加していくことができます。

デイジーチェーン接続*・・・複数の電子機器を直列に接続する方法


Mirroring(マスタースレーブ)
2台のFC Controllerを全く同じ設定にし、ステージ上とステージサイドどちらでも操作を可能とする、 “Mirroring” を搭載しました。これは一般的なマスタースレーブと同等の機能です。

ハードなツアーにも耐えうる堅牢な設計
筐体は保護エンドキャップ付きの紛体塗装された16ゲージ(約1.3mm厚)スチールシャーシを採用、故障の誘発原因である機械的接点を持たないSSSフットスイッチが耐久性と静粛性を保証します。またLEDリングとLCDディスプレイは、暗闇から直射日光の差す場所まで光量を問わず視認性に優れています。

進化し続けるフットコントローラー
FC ControllerのファームウェアとセッティングはAxe-Fx IIIに組み込まれるため、FCのアップデートやバックアップを別個に行う必要はありません。これにより他のFractal Audio製品と同様、FC Controllerがこの先何年もアップデートを繰り返し、進化し続けることが約束されています。


製品仕様
FASLINK II 端子
インプット : XLRオス Axe-Fx III FASLINK II 端子と接続
スルー : XLRメス FC-6 / FC-12 FASLINK II 端子と接続 (※1)
外部スイッチ / エクスプレッションペダル
外部スイッチ接続端子 (SWITCHES 1+2、3+4)2 x 1/4”TRSフォンジャック(1端子に2個のスイッチが接続可能)
エクスプレッション・ペダル接続端子(PEDALS1-4)4 x 1/4”TRSフォンジャック(1端子に1台のエクスプレッション・ペダルが接続可能)
センターワイパー 10K-100KΩ ペダル推奨

筐体仕様 16 ゲージ(1.52mm厚)スチール使用、パウダーコート処理
寸法 / 重量 FC-6 : 283mm x 233mm x 88mm / 約3 kg
パワーサプライ(※2) 9~12V DC、1000mA / 2.1 mm、センターマイナス
消費電力 12W以下
動作温度範囲 0 to 50°C
保管温度範囲 -30 to 70°C

【 即納可能!】【 あす楽 】表記の商品以外は基本的にお取り寄せになります。

メーカー在庫依存商品はお取り寄せでも翌日出荷が可能です。
(但:メーカー在庫品・平日メーカー受注時間内)
※商品状態をリアルタイムに反映できない場合がございます。
売り切れの際はご了承ください。

Fractal Audio Systems Axe-Fx III用フットコントローラー Fractal Audio Systems フラクタルオーディオ FC-6 Foot Controller 【送料無料】

SEO外部対策で被リンクの質を高めよう

SEOでは、被リンク(外部リンク)を獲得するための対策「外部対策」が重要となります。
なぜかというと、Googleがサイトの人気度を測る指標として被リンクを採用しており、検索ランキング決定要因のもっとも重要な要素となるためです。
主な外部対策としては、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアを活用した方法になります。
具体的には、作成したコンテンツをSNSで宣伝・拡散してより多くの人に認知させ、参照されやすくしながらナチュラルリンクを獲得して良質な被リンクの数を増やしていくことが重要となります。

また、このようにして集めた被リンクには質の低いものもあり、そのような低品質な被リンクによってサイトの価値が下がり順位下落につながる可能性があります。
なので、定期的リンクを見直したり、適宜リンク否認することも必要となります。

SEO解析して、サイト状況を把握しよう

SEO対策を進めるうえで、アクセス解析を行い検索順位の推移やサイトの欠点など把握しながら、必要な対策を見出す必要があります。
そのために、キーワードの検索順位が管理できるツールや、Googleのサーチコンソール、Googleアナリティクスなどを導入して、Webサイトがいつでも分析できる準備を整えておきましょう。

このようにWebサイトのパフォーマンスを管理して、効果的な対策を見出し推進してくことが、SEOにおいて重要となり、上位表示を目指すうえでのポイントとなります。

SEO情報にアンテナを張ろう

SEOでは、常に変化するGoogleアルゴリズムの動向に気をかけて、評価される要素を読み解くことが重要となります。
なので、Google公式の検索アルゴリズムアップデートの情報や順位変動情報、SEOに敏感なユーザーの見解などにアンテナを張っておき、最新のSEO情報を定期的に確認するようにしましょう。

そうすることで、現在のGoogle検索エンジン事情が把握できるので、評価されてるWebサイトの特徴などから今後のSEOの展望を見据えることができます。

SEO事例を参考に、効果的な対策を取り入れよう

これまでに紹介した「SEOの基礎知識から実践方法まで」を元に、弊社ディーボが管理するサイトで実際に仮説を立てて対策を行ったSEOの事例を定期的にご紹介してます。

どのようなサイトでどのように仮説を立てて、SEOを行ったか?なぜ上位化したのか?を中心に、実例をもとにSEOをわかりやすく解説してますので、ぜひ実践するうえで合わせてご参考ください。

関連記事
SEO対策無料ご提案はこちら